アフターピル服用後の出血には種類がある

避妊を確かめる方法、出血の種類を知る

避妊薬を飲んだとしても妊娠してしまうこともあります。その時にも出血がおこるのです。妊娠した時におこる出血を着床出血と言います。他にも何らかの影響で子宮内、もしくは膣内が傷ついて起こる出血を不正出血と言います。
では出血の見分け方と特徴を見てみましょう。

ピルを飲んだ後の出血 避妊成功のサイン

避妊薬で避妊に成功した時や低用量ピルを使って起こる出血を消退出血と言います。消退出血はアフターピルの服用後3日後から3週間以内に見られます。量はおりもの程度で色も黒っぽかったり茶色っぽかったりします。また出血は1週間から2週間ほど続きます。
消退出血か確かめるには生理が出血後に来ているかを確認しましょう。またアフターピルを服用すると生理周期がずれて早めに来てしまうことがありますが遅れることはありません。遅れている場合は消退出血ではなく着床出血、または不正出血が考えられるので病院を受診しましょう。

ピルが原因じゃない不正出血

緊急避妊薬を服用して1~2日目ですぐに出血した場合は不正出血が考えられます。不正出血は子宮内が傷ついているときや膣内が傷ついた場合に出血をします。子宮内に異常が見られる時にも見られますので早すぎる出血は避妊薬の影響ではありません。また、処女の女性は膣内に男性の性器が入り込むことで不正出血出が見られる場合があります。

妊娠初期でも出血があることも

ピルで避妊失敗、妊娠初期にも出血はある
妊娠をした時も出血が見られます。この出血を着床出血といい、妊娠超初期に見られるものです。
避妊薬を服用して消退出血だと勘違いしていて妊娠してしたということもあります。着床出血かを確かめるには出血する期間です。消退出血の場合は1週間ほどですが着床出血は少量の出血が2~3日続きます。