アフターピルを使ってみて分かった効果と副作用

アフターピルを使ってみて分かったこと

避妊しないでエッチしちゃったときやコンドーム付けたけど、中に出ちゃった時に飲むアフターピルは避妊する為の最終手段として女性たちから支持されているみたい。そんなことが出来るアフターピルは安心感あり。でも、副作用もあるよう。少し調べてみると本当にアフターピルを飲んだことがある人は副作用で、吐き気などの報告があったらしい。他にも嘔吐、腹痛、胸の張りとかもあったとか。
ここでは、アフターピルが持つ効果と副作用について調べたことと実際に起きたことを照らし合わせてみたい。

避妊効果を持つが、副作用もある

アフターピルを飲んで分かった副作用
一般的に何かの拍子のハプニングとかで避妊失敗した人が使うことが多いアフターピルは「妊娠したかもしれない」という不安を打ち消してくれるという。初めにも言ったように、副作用もあって吐き気や頭痛は酷くなければ問題はほぼない。ただ、血栓症という血栓が出来やすくなるという症状には気をつけたほうが良いらしい。

本当はホルモンバランスは整っている方が良いのは知っていた。でも、アフターピルを飲むことで女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが体内に一気に増える。それで、生理の時と同じようなホルモンの働きをするから、強制的に生理が起きるという。
この時にホルモンバランスが崩れ、副作用で吐き気や嘔吐の症状が出るらしい。他にも頭痛や下腹部の痛み、胸の張りや下痢、倦怠感や不正出血などがあるという。

いとこの姉は吐き気があって、一日続いたらしい・・・

副作用が1日続いた
私より2歳年上のいとこの姉がアフターピルを飲んだら、少し経つと気持ち悪くなったという。どうにか吐かずに済んだらしいけど、もしもの時の為に市販の吐き気止めを持っていても良いかもしれないと思った。ちなみに、アフターピルは通販で買ったと言っていた。吐き気はしばらく続いていて、服用後から1日経ったら症状は落ち着いたようす。

こんな風に吐き気の副作用があって、もし吐き出してしまった時に3時間以上経ってない場合は、薬が身体に吸収されていない可能性が高いという。なので、その時はもう一度アフターピルを飲まないと避妊効果は期待できない。
また今回、副作用は吐き気だけでそんなに辛くはなかったらしいから良いけど、もし体調があまりにおかしいと感じた時はすぐに病院へ行って診てもらう必要があるという。さっきも言った、血栓症とかになると血流を止めてしまったりすることもあるので危険。体調の変化には気をつけて、アフターピルの効果がある1~2日程度が飲んでから経っても副作用が続く時は病院へ行く必要があることを忘れてはいけない。

アフターピルの避妊効果について

そんないとこの姉の話と同時期ぐらいに当時付き合っていた彼と何も付けずにエッチをした。その時、アフターピルを持っているから大丈夫と思った。それから、4日後ぐらいに出血があった。もともとの生理周期が少し早まったぐらいで、通常通り1週間程度で終了した。私に起きた副作用は軽い頭痛とか腹痛くらいだった。その後の生理は1週間程のズレはあったかもしれないけど、その後は特に問題はナシ。

アフターピルを飲んで5日~3週間以内に生理が起これば、避妊成功。もし3週間以上経過しても生理が無いときは、アフターピルを飲んだ時には既に妊娠してしまっていた可能性も^^;そんな時は、まず市販の妊娠検査薬で調べてみることがおすすめ!

実際に避妊に失敗してしまったと言う話も聞いたことがあった。それが、アフターピルを持つようになったきっかけの1つでもある。

副作用の不正出血に注意


副作用には、いろいろあるけど不正出血にも注意が必要らしい。アフターピルを飲んだ3~5日程度あとに起こる場合がある消退出血は生理より少量の出血があって、これは避妊成功のサインとも言われているという。

そのほかにも排卵出血と着床出血もあるらしい。これらは名前の通り、それぞれ排卵の時と受精卵の着床の時に起こるわずかな出血のことで、問題なのが着床出血。どちらも本当に微量の出血で差はあまり無いから、生理と違う出血があった場合には市販の妊娠検査薬で妊娠していないかどうか確認した方が良いという。消退出血と排卵出血の後には、本来の生理周期に近い日で生理はあるので避妊はそこで確認できる。
ただ、この不正出血は全ての人に起こるわけではないようす。なので、起こった場合は少し注意して見たほうが良さそう。。。

このように、高い避妊効果が得られるアフターピルは副作用もある。副作用の症状が長引いたり、悪化する場合は、早めに婦人科に行くようにする!私もそうなった時は慌てずに行動出来るようにしよう・・・!!